佐賀のサッカークラブ、サガン鳥栖

佐賀では、Jリーグで優勝を目指して戦っているサガン鳥栖というクラブが大きな盛り上がりを見せています。佐賀県鳥栖市に本拠地を置くこのクラブは、2013年にはシーズンを通して20万人を超える観客を集め、地元のクラブとして愛されています。チーム名の「サガン」は、砂の粒が集まり砂岩となるように小さい力を集結させることと、ホームタウンである「佐賀の」を組み合わせたものです。チームが発足してからは2部リーグであるJ2での戦いが長かったものの、2012年からはJ1に戦いの舞台を移し、日本代表選手を輩出するなど、日本サッカーに旋風を巻き起こしています。競技以外の地域活動も熱心に行っており、地域に貢献したいと考える一般の方も専門的知識が必要なクラブの運営に直接関わるスタッフではなく、クラブショップの販売員やスタジアムの案内、試合日に行われるイベントのアルバイトスタッフとして、このサガン鳥栖に関わりを持ち、一緒に地域を活性化させることができるのです。